スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
北海道公演 6/20 2部 レポ②
2009 / 06 / 27 ( Sat )
★MC
ヒナ「今日はキレキレですね、マルちゃん」
マル「ばっきばきにキレてます。絶好調ですよ。」

ヒナ「改めまして、関ジャニ∞で~す。」

ヒナ「さあ2回目ですか?」
マル「2回目ですよ。早いもので」
ヒナ「マルの汗が尋常じゃないですから」
マル「そうですよ。涼しいぜ北海道」
ヒナ「こんだけ汗かいても」
マル「涼しいよ」

マルちゃん風呂上りかと思うくらい、汗びっしょり。
そしてなにを思ったか、ヨコの頭をなでなでしようとするマルちゃん。
嫌がる横ちょ。

結局マルちゃんのよしよしを受ける。
ヨコ「大倉にもしてやって」
たっちょん「オレはいいわ」
しかしマルちゃんにロックオンされて
よしよしされちゃう。
マル「お前、いやに髪サラサラやなぁ~」

ヨコ「お前自由にも程がある」
ヒナ「楽屋いつもこんなんです」

マル「北海道最高っすよ」
ヨコ「おれ、北海道調子悪いイメージあるわ。
前も北海道やったと思うけど、『ラーメン、つけめん、僕イケメン』って
ギャクあるでしょ。あれをボーっとしてもうて『ラーメン、イケメン・・・』
って言うてしもてん。『ラーメン、イケメン』って言うたから、メンバーも最後なんか
オチあるんかなって思うてずっと待ってんねん。っでオレもなんもないからずーっと
立ちっぱなしやねん。3秒くらいピターっと止まってん。
『ラーメン、イケメン・・・・・・・・・・・・・・』」
ヒナ「こんな間やった」
ヨコ「あれは北海道ですよ。」
マル「北海道やった」

ヨコ「北海道ってCan!ジャニやってないでしょ?」
~会場からやってなーいの声~
ヨコ「ジャニ勉もやってないでしょ?」
たっちょん「僕ら見る機会、ないじゃないですか?!」
ヤス「雑誌だけってことかな?」
亮「いや、YouTubeや。YouTubeなんでも見れるからな。」
ヨコ「YouTubeかDVDやな?」
たっちょん「あ~そうか。リアルはないな」
ヨコ「でもそれでもこんだけお客さん入ってくれてるんやな。」
たっちょん「ありがたいですよね」

たっちょん「でもドラマとか個人個人のはやってますからね」
ヨコ「ドラマね、やってますから。そう昨日とかズームインとか
やってるんですか、こっちは?ズームインとか昨日出ましたし。
スッキリ!も出たし」
たっちょん「番宣で?」
ヨコ「番宣で」
ヒナ「今日最終回やからな」
ヨコ「今ちょっと見たんですけど、すごかったですよ。
音入ったら、すごいですよ。ほぼノーカットやったからな。
11分くらいずーっと演りっぱなしだったかな、2人で。
舞台みたいな撮り方やった。でも楽しかった。
ぜひね、なんのこっちゃ分からないと思いますが、
最終回よろしくお願いします。」

ヒナ「打ち上げとかもやったんでしょ?」
ヨコ「昨日、大橋のぞみちゃんおるやろ。
めっちゃ可愛いで。あの子」
ヤス・たっちょん「会ったん?」
ヨコ「出てたやん、ドラマ。」
ヤス「ああそうなんや」
ヨコ「真矢さんの娘さん役で。連ドラかけもちしててん、2個。
打ち上げの時に、オレ遅れていってんCan!ジャニの収録あって。
遅れていって、ぱっと入ったら大橋のぞみちゃんおったんや。
オレちらっとしか会ったことなかったから。この前『どうも横山です』
言うたら、めちゃ喜んでくれてん。可愛いな思うてて。
っでオレがぱって座ったら、大橋のぞみちゃんが、ばーって俺の横に
走ってきて『横座っていい?』って『いいよいいよおいで』っつって。
『おにいちゃん(横山くん)大変やったん?』って関西弁ちゃうで。
『大変やったで。でものぞみちゃんも大変やろ、今「白い春」も出て』
『大変。でも楽しいから頑張れる』って。超かわいいよ。
それでご飯食べる時もずっと遠慮してフォーク探してたんやんか。
「どうしたん?」って聞いたら『フォークないぃー』っつったから
おれ、慌ててばーって走ってフォーク取ってきたもん。
「はい」って言ったら満面の笑顔で「ありがとう」って言ったん。
それでやっぱ10歳やから、オレと誕生日一緒やねん。
『誕生日一緒だね』とか言うてくれて。なんやオレ連れてかえったろうかな
思うた」
ヒナ「そんぐらい可愛いんや」
ヨコ「それで、早く出なあかんからって、オレの席から
ちょっと離れていったんや。ごそごそしてるなぁって思ったら
なんか書いてんのやんか。それでまたばーって俺の所にやってきて
『はい』って手紙渡してくれたんや。
『横山くんへ。
一回しか会えなかったけど楽しかったです。
お姉ちゃんに自慢したら、お姉ちゃんは羨ましがってました。
また会える日を楽しみにしています。ありがとう』

ヨコ「オレに子供を産む機能があったら、すぐ産むわ。
ちょっと力んだら、ぷっと出てくれたら」

ヨコ「Mステん時に、大橋のぞみちゃんおった時、ちょっとオーラあったもん。すでに。
しかも去年なんかものすごい大ブレイクやったやろ」

マル「女の子産みたい?」
ヨコ「おれめっちゃ女の子」
ヨコ「あっオレが欲しいの?おれは絶対男やで」
たっちょん「えっ?だったらなんで女の子いうたん?」
ヨコ「いや、のぞみちゃんのこと女の子って聞いたんかなって」
マル「それさえも分からへんで、ここに立ってたら。よっぽどですよ」
ヨコ「そういうことじゃなくて、心が女の子?って。10歳にして女の子って。
オレもあほちゃうは、そこまで。
でもオレは絶対男の子がほしい」

ヨコ「でも結果、奥さんには女の子産んであげなあかんていうよな。」
ヒナ「あ~娘がね」
ヨコ「男ばっかりやん、ここにおるん(ステージ上を指さして)。
ちゃうちゃう。兄弟がやで。わかっとるわ。誰が女の子混ざってるかもって
やってんの?わかっとるわ。あほか。どんだけ下に見てんねんオレのこと。
兄弟がじゃ」
ヒナ「(ヤスをさして)姉ちゃんおる」
たっちょん「亮ちゃんも妹おるやん」
ヨコ「あ~そうか、半分か」

ヨコ「でも、大倉がこう見えて長男やろ?」
たっちょん「そうなんです、3兄弟の」
ヨコ「男3兄弟。で、すばるも」
すばる「男3兄弟です」
ヨコ「で、ヒナも3兄弟やろ?」
ヒナ「うち2人」
ヨコ「オレも3兄弟やからさ。すごいよな」
ヒナ「男率たかいよな」
ヨコ「でぇオレの弟が6コ離れてんのやんか。
オレとヒナとすばるの弟も6コ離れてん。すごいやろ?
普通2,3コよな、開いても。そこが一緒ってすごいよな」
すばる「兄貴は?」
ヨコ「オレが兄貴やん」
すばる「あっそうかそうか」
ヨコ「もっとオレのこと知ってて欲しかった・・・」

ヒナ「兄弟と会います?」
ヨコ「オレは会うよ、めっちゃ」
ヒナ「マルが?会ってる」
マル「最近は会ってないな~」
ヒナ「マルの弟もちょっと変やんな」
ヨコ「そりゃそうや。兄貴こんなんやのに」
マル「それはやめてくれよ」
ヨコ「どういうこと?散々そんな変なことしておいて」
マル「弟は、ま~勉強できひんみたい。虫とか好きやったり。
絵書くの好きやったり」
ヨコ「今何歳なん?」
マル「中1」
たっちょん「えっ。中1で虫好きで絵書くのすきなん?あかんやろ」
ヨコ「逆にいいよ。今」
マル「ほんまあかんねん、卓球もあかんしサッカーもあかんし」
ヨコ「なんで卓球だしてんねん。どっちかっていうと始めにサッカーにだしてくれよ。
なぜ卓球?いきなり」
マル「でもなにやっても、とりあえずあかんくって。
なんか見つけて欲しいけど。この間誕生日になに欲しいって聞いたら
パソコンのMac欲しいって。プレゼントしてあげたいねんけど
なんかマンガとかしか見いひんねんな。」
ヨコ「いや、それで見るようになるかも知れへん」
ヨコ「でも簡単に買ってあげたらあかんよ。」
ヒナ「絶対あかんよ。」
ヨコ「兄貴金持ちやとか」
ヒナ「当てにしてきよる」
ヨコ「結果さ~マルも勉強できなかったでしょ。絵もスポーツも
できないけどさ~手先めっちゃ器用やん」
たっちょん「えっ?そうぉ?」
指遊びで♪月が~出た出た~に合わせて指を曲げるやつが上手らしい。
ヨコ「マルって天才肌やと思うで」
マル「うちのお父さんが太鼓職人やってって、手先が器用なんです。
ピアス空けるのもうまいんですよ、うちのお父さん。だから意外と
オレも手先が器用なのかもしれなしっす。弟とオレとお父さんは芸術肌。」
ヨコ「そんなんじゃなかったか、こんなステージ立ってへんで」

ヨコ「いや、でも学校で目だってたでしょ?」
ヒナ「学年の中とかやったらな」
マルちゃんがヨコに背を向けて喋ってると
ヨコ「なんでお前オレに背向けてんの。どの件でオレのこと嫌いになったん」
マル「嫌いになってなんかないよ」
ヒナ「そりゃ、亮とかすばるなんか絶対もてたやろ」
亮「オレはな、ほんまにもてへんかった。」
ヨコ「だって、どっくん、ちっちゃかったもんな」
亮「ほんまにちっちゃい」
ヒナ「かわいい、かわいい言われてたんや」
亮「そうやねん、かわいかったからさぁ~オレ。だから
相手にされへんかったね」
ヒナ「同学年に?」
亮「そうそう」
ヨコ「だってめっちゃ大人びようとしてたもんな、ちっちゃい頃。
だってかわいいかわいいって言われるのが嫌で、B’Zの稲葉さんみたいな
まねしてたもん。歌い方とか。」

ヒナ「すばるは?」
すばる「はい。僕も同じ感じですよ。ちっちゃかったから。」
ヨコ「ちっちゃかったですからって。今もちっちゃい」
すばる「おりゃぁ」
ヨコ「ばれてへんのや」
すばる「ばれてへんよ」
ヒナ「すばる、身長いくつやっけ?」
すばる「えっとね~公表たぶん175」
ヨコ「オレがちなみに176ですよ」
すばる「それは人の感じ方や」
ヨコがすばると並ぼうとするけど、すばるは必死で嫌がる。

ヨコ「ヤスとすばるはどっちがでかい?」
すばる「僕がでかいっす!見て分かるでしょ?」
ヨコ「そんなん分からんよ」
ヤス「でも見た感じはそんなに変わらんて」
すばる「一目瞭然でしょ?」
ヨコ「ほんまにどっちがでかいん?」
すばる「オレです!」
ヤス「オレです!」
ヒナ「(ヤスに)お前身長いくつやねん」
ヤス「いや僕、164.5ですね」
すばる「うそやな。」
ヒナ「じゃお前なんぼやねん」
すばる「なにが?言ってるやん。何回も言わすなよ」
ヨコ「なんぼなん、すばる」
すばる「だから言ったやん、なんぼって言った?オレ」
ヨコ「175」
すばる「わかってるやん」
ヨコ「わかってないよ」
ヒナ「だったそのヤスがすばるよりでかいって言うてんやったら話おかしなってるやん」

すばる「彼は横幅があるますよ。だから大きく見られがちやけど、長さはオレの方が」
ヨコ「でも、すばるの方が正直ちょっと大きいでしょ。肩幅があったほうが
小さく見えるんじゃない?」
すばる「僕がひょろひょろしてるから、余計そのぉ~」
ヨコ「すばる、ひょろひょろしてるイメージないけどな」
すばる「いや、細いから」またもワキゲ全開!
マルちゃん、すばちゃんのワキをタオルで拭いて上げます!
たっちょんがぼそっと「カレンダーすごかったもんね」

ヨコ「どっくんとヒナどっちがでかい?」
亮「村上くんの方。オレな、170あると思ってたらな169.9やねん。」
たっちょん「それは170でいいやん」
ヨコ「えっヒナなんぼ?」
ヒナ「オレ、170.1やってん。」
亮「2mmやん。俺ら2mm違うんや。オレめちゃめちゃ精度の
いいやつで測ったからな」
みんな人間ドックで測ったそうです。

ヒナ「大倉いくつや?」
たっちょん「ボクね。180っすね」
亮「こいつないで、絶対!」
ヤス「大倉180ないって言うてたやん」
たっちょん「あるしぃ」
ヨコ「はんにゃがおった」
亮「ウソやで、絶対ウソ」
ヒナ「マル。般若せんでええ」
たっちょん「その般若じゃないのぉー」
ヨコ「大倉ホンマになんぼ?実質」
たっちょん「実質?」
ヨコ「丁度なわけないやん」
たっちょん「確か、179.8とかや」
ヨコ「そうなん?」
ヒナ「それやったら180言うてもええやん」

ヨコ「男ってさ170やったら175欲しいやろ。
175やったら180欲しい」
たっちょん「でも180あったら185欲しいな~」

ヨコ「ジャニーズで一番でかいん、誰?」
たっちょん「長瀬くんでしょう。あっ室や~」

ヒナ「あの兄貴でかいな~。あいつなんぼ?」
たっちょん「あいつ189とかやったっけ?」

室(兄)登場
室「188です」
ヨコ「でっかぁー」

たっちょん「ヤスの横、並んだんなよぉ~」
ヤス「お前、あんまり同情すんなよ」

ヒナ「ジャニーズイチや」
室「自称ですけどね」

ヤス「何食べたらそんなに大きくなるん?」
ヨコ「いうても弟そんなにデカないやろ。普通やろ。
なんでそんなにデカなるん?足なんぼ?」
室「足は28っす」
ヨコ「デカっ」
室「でも薫太30っす。あいつ衣装でそんなでっかい靴ないから
一人特注でコンバースとか用意されるんです。」
ヨコ「薫太身長なんぼ?」
室「あいつで、182,3です」
たっちょん「あいつ、そんなに高いん?猫背やぁ」
薫太登場
薫太「182もないです。180.5です。」
ヨコ「ちょっとヤス挟んで」
ヤス「横ちょ、絶対挟んだらあかんて」

室・ヤス・薫太

ヨコ「お前サンドイッチとかで言ったら、ピクルスの小ささやな。
決してハムじゃないわ~」

ヤス「オレ、こんなんでソロ踊っても絶対かっこよくないわー」
ヒナ「ちょっと前に出て歌ったらええやん」

亮「ヤスが大きかったら、ヤスじゃないやんな」

結局ヤスはちっちゃくってこそ、ヤスって事で!
後半戦はレポ③で~。
はぁMC長いー。
スポンサーサイト
00:15:23 | 関ジャニ∞ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
北海道公演 6/20 1部 レポ①
2009 / 06 / 22 ( Mon )
注)たっちょん中心になりますがご了承くださいm(_ _)m

ゴリラシアター
OP前のフリ
ヤス「生きれかえれるかな?」

♪無責任ヒーロー
挨拶
ヨコ「どうも関ジャニ∞だよぉ~。横山裕くんだよぉ~。今日は皆さん最高の思い出にしてください」
たっちょん「大倉忠義です。ただいま北海道。盛り上がるぞぉー」
ヤス「どうも安田章大です。みんなで騒ごうぜ!」
マル「どうも丸山隆平です。ワンシャンロンピンです。今日は皆さんストレスを発散しちゃってください。」
ヒナ「どうも村上信五です。今日は男も女も声出していこうぜぇー!」
すばる「こんにちは、渋谷すばるです。北海道ぉー騒げー!よろしくっ」
亮ちゃん「・・・それでは始まるよ!」(ごめんなさい、聞き取れなかった(> <)

♪イッツマイソウル たっちょん⇒マル・・二人でおおげさなフリでふざけちゃいます。
♪関風ファイティング
♪一秒KISS
「君はボクのことぉー」のフリがすきです(私的見解!)

たっちょん「ありがとうございます。アルバム「PUZZLE」は聞いていただけたでしょうか?そんな中からバラードを聞いていただきたいと思います。
♪Glorious
♪Kicyu
やっと正面から!フリばっちりです(^ ^)v
♪YOU CAN SEE

♪パズル
♪乾いた花



∞レンジャー
一年を振り返ってのVTR

「帰ってきた∞レンジャー。隣の芝生は何色に見える?の巻」
レッドとレッドの衣装なブラックが、レッドのバイクをめぐってケンカ!
他のメンバーは各自のバイクで一周。
ブラックはレッドのバイクを奪って一周。
メインステにバイクを止めるとき、グリーンのバイクにナスのバイクが追突(* *)
ちょっとしたアクシデント。

ブラック「∞レンジャーが北海道にやってきたぞう」
オレンジ「みんなー北海道は?」
エイター「でっかいどう」
オレンジ「アドレナリンどーん。やっちゃった・・・
小学校・大学、小学校・大学、(後ろを向いてお尻を突き出して)帰りは校門(肛門)」

ナス「完全に下ネタやんけ」
イエロー「思いっきり下ネタ言ってるやんけ」

レッド「おーーい、それより大変なことが起こってる。色が被ってるんだよ。
人のバイク勝手に乗ったりするしい」
ブラック「別に誰が赤着たってええやんか」
レッド「だめだよぉ」
ブラック「なに?そんな、大学校小学校やりたそうな顔して」
ブラックのむちゃぶりに素になって「ヨコやめろ、ヨコやめろ」と必死のレッド。
ブラック「ヨコじゃないよ。今は∞レンジャーや。」
レッド「∞レンジャー関係ないよ、ヨコやめろ」
ブラック「赤レンジャーや、今、オレは」
レッド「おい赤レンジャー、ちゃうやろ、お前黒やろ。」
ブラック「別に誰が着たってええやんけ、赤」
レッド「それは違うと思いますね」
ナス「まま、それはそうやね、最初にみんなで決めた色やから」
レッド「そうなんですよ」ナス「守らんと」

ブラック「もう、なんていうんかな。ブラックって目立たへんやんか、結果。
やっぱ赤がセンター張って、おっきい声で歌うやろ。
ナス「基本的にはな」
ブラック「基本的におっきい声で歌いよるやろ?」
ナス「まあそりゃそうやな」
ブラック「赤って?ビブラート利かして。オレもそんなんやってみたい」
ナス「それはやったらええやん」

ブラック「そうするに当たってやっぱり、赤を着ないと」
ナス「黒じゃできんへん?」
ブラック「黒じゃできない」
ナス「まっでも、黒は黒で頑張ってもらって、赤は一人でって決めとこうや」

ブラック「ごめんやけど、黒に着替えてきてくれへんか」(レッドに向かって)
レッド「それはおかしいでしょ」
ブラック「いいやん、別に。着替えて来いや」
レッド「いやや」

レッドのパンチ炸裂!

同じ気持ちをもつオレンジ⇒グリーン
かっこいいイエローになりたいオレンジ
ちっちゃくってなにも考えずに生きていたいグリーン

3人で土下座して頼むも
イエロー「そんな安い土下座いるかっ!」

ブラック「お前ら人が下手に出ればいい気になりやがって」
レッド「うるさい、勝手なこと言ってんのはお前らの方やろー。
はっきり言おう」
ブラック「おい、お前それだけは口走るなよ」
レッド「口走る。おれの口を走るぞ」
ブラック「その口を閉じてみせるぞ」
レッド「言わしてもらおう。『解散や』」

オレンジ「おい、イエロー、最期にひとつだけ言わしてもらおう。
変わってくれ」
イエロー「・・・・あかん。オレもお前らと一緒にやっていく自信がないわ。ありがとう
バイバイ」
オレンジが妙なリアクションしてる間にブルーが掃けてしまいました。

グリーンがブラックに「なぁ~レッド」っとそれぞれ新しい名前で呼びあう。
オレンジ「この3人で新たな伝説を作るんや」
グリーン「俺達だってやればできるんや」
ブラック「俺達はいま人生の門をくぐろうとしてるんや」

ブラック「帰りは」
3人「肛門」(お尻を突き出して)
グリーン「こんなんいややもう・・・」
(恥ずかしがりながら掃けるたっちょん。よく頑張った!)

ナス「本家の3人そんなんせーへんと思うで」(確かに。絶対しないと思う)

~~ここからはいつもの通り~~

でも果たし状の場面。この回だけ果たし状のついてた矢で、イエローがブルーの股間攻め・・・。モニターで、にゅ~レッド、イエロー、ブルーが果たし状を読んでる最中になにをやってるのしょうか・・・。

センターに戻ってきて
グリーン「今夜こそ白黒はっきりつけてやるからな」
イエロー「シマウマみたいにな」
レッド「そーっすよねぇ」
ってとこで
ブラック「北海道一番ウケてへんやんけ」

~~ここからもまたまたいつもと同じで~~

最期みんなのパズルを合わせるところで
ナス「コレをみんなにプレゼントしようとしたんや」
ブラック「なんでや、どういうことや」
ナス「俺たち今年で」
ブラック「5周年?」
ナス「早いな!そうや。思い出して欲しかったんや。このころが一番輝いていたんとちゃうか」

っでナスの魔法で元通り!

♪どんなに離れてたってそばにいるから
ナス、ブラックにぴったりくっついて離れません!
ブラック、自分のパート歌えず・・・・・。

♪ギガマジメ我ファイト


MCからはまた。
今日はここまでぇ~。


23:15:46 | 関ジャニ∞ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
# 広島レポ4
2009 / 05 / 12 ( Tue )
5/10 2部MC

村『改めまして、関ジャニ∞です。
今回は広島からスタートということですが。
オレンジが言うてましたけど、ライブにハプニングは
付き物だと。』

丸『ライブならではの』
倉『ほんまに。ハプニングやわ』
横『なんで大倉のいつも鳴らへんの?』
倉『わからへん、オレ悪くないのに、オレが悪くなっちゃうやんか』
村『つけてんの大倉やもんな』
倉『鳴ったことないん、ちゃんと』
横『次は鳴るでしょうね』
丸『次は大丈夫』
倉『あれ、パーンっていって痛って言って大丈夫っていう』
丸『最後はオレが”ぱーん”っていうから』
倉『言って!今言って』
丸『ぱーん!ぱーん!』

横『なんでしょうね。久々の感じですね。このライブというもの。
すばるはずっとJ-ROCKで回ってますし。』
渋『広島も少し前にやらさせていただきましたよ』

横『関ジャニ∞としてのライブは一年くらい開いたからね』
倉『開きましたね』
横『いつもそんなに開いたことなかったやんか。』
村『春に冬にやらしてもらってたからね』
横『なんか気づいたらステージ立ててたやんか。』

久々のライブなのにみんな緊張してなかったし
いつも通りの楽しい楽屋だったようです。

横『それぞれみんな成長してんねん。いうても関ジャニ∞
5周年ですよ』
~ 拍 手 ~
横『早いよな~』
村『あの松竹座から』
横『しんみりするな』
倉『しんみりやな。でも5周年でしんみりしてたらダメでしょう』

横『まぁ~夢なんですけどね。なんかみんなね10周年とかって記念で
なんかやったりしますやんか?8周年でなんかやれたらね』

倉『2008年の8枚目のシングルって言うて普通になったやろ?』
丸『2008年に2枚しかシングルだしてへんしな』
横『そう。そんなとこテイチクってうっかりすんねん。
平気でうっかりしてた、あはっ!とか言うねん』

横『せっかくお客さんも賛同してくれてるんで、そんなことも
思いつつ。なんか今年みんなソロ活動が目立って』
村『まあまあそうですね。』
横『みんなやってるじゃないですか』
村『ヤスは「カゴツルベ」』
横『ヒナは一人舞台やろ。どっくん「流星の絆」やったやろ?』
錦『あれ去年。』
村『去年の冬やろ。マルは「歌のおにいさん」やって』
横『大倉が「ヤスコとケンジ」「必殺」』
村『おたくが今クイズショウ』
横『すごいですよね。5年前やったら全然考えられてないで』

村『5年前思い出したら、暗なるで。あかんで』
横『でも楽しかったな』
倉『ずっと楽しいよ』
横『ちゃうちゃう。今も楽しいねんけど。過去を振り返った時って
周りの人に喋るとさ、あ~大変やったんやって言われるけど。
そんなにつらいことなかったよな。バーベキュー行ったりさ。』

みんなお金なかったのでドンキホーテで網1枚買って、石を組んで
バーベキューをしたのだとか。
最初は4人(横・渋・村・錦)で行った。
車2台すば亮・ヨコヒナに分乗。
今では考えられない!
前の日すばるの家に泊まったり。
すばるがジップロックに野菜詰めてきたりとか。

ヤス倉はレコメンコンビが一体車のなかで
何をしゃべってたかやたら気になる様子。

横『恋愛トーク。オレあの娘好きやねんけど
どうしよう』
横『いわへんて』

錦『えっでも昔は言ってた?』
横『ヒナに?それは言ったことないよな?
オレは基本的に相談せえへんからな』
渋『車で二人きりでさ、ヨコはボケんの?』
横『意外としっかりしてるから』
倉『意外と横山君、村上君にはツッコむからなぁ』
横『なんやねん、このトーク。
そうやねん、楽しかったな。次の年からみんなでな。
楽しかったよな~。』

横『関ジャニ∞の5年って言っても厚いよな。』
村『誕生日もやってたね』
横『だから・・・』
村『なんやねん、しんみりしちゃった?』

~会場からヨコに誕生日おめでとうコール~

横『昨日、もうやってもらってんですよ。メンバーには。
今日ぼくの日記を見てもらったら分かると思いますけど。
昨日はやられましたね』
村『どっきりしたん?』
横『どっきりっていうか、正直・・・
ギガマジメ我ファイトの後♪ハッピーバースデイが流れて
ケーキの映像が流れたんですよ。っでうわ!こいつら間違えよった!
今日流すはずのを間違って流しよった。うわうわって思いよったら
マルが今日俺らが一番最後に祝うやろ?って
っでヒナが時間見てみ?って言うたら
11時50分くらいやったんですよ。
おっ。間違いちゃうやん、オレ誕生日やし。』
村『合うてたやん』
横『だんだんその一言で我にかえりだしたんやん。』
村『そっから?』
横『だから最初全然嬉しくなかったんやん。
っでそっからみんな一言一言言ってくれて。
すばるとかどっくんとかみんな言ってくれて。
あ~嬉しいなっていうのはありましたけど』

倉『あと2歳で30歳やな』
横『そうやで。アラサーやで』

安『老けたな?って思う?』
横『全然わからへん。気持ちはまだ18歳やからな』
村『でも体はきてるやろ?』
横『腰がな~。でもみんな歳とったって感じる?
どっくん全然感じてへんやろ?』
錦『いや。感じるよ、目悪なった。』

視力落ちてきたわりにスタンド最上にある
『もみじまんじゅう にしき堂』はしっかり見える。
悪いといっても1.0くらいなんだとか。

横『錦戸がにしき堂を宣伝しました!
大倉は感じる?』
倉『オレ。だって23でしょ?人生の中で一番今パワフルな年やん。』
村『そうやな』
倉『こっから下り坂になるんかもしらんけど』
村『そんなん言うな』
倉『まだ若若しいもん、ボク』
横『オレとヒナやったら、ヒナの方が老けてるやろ?』
安『顔やろ?』
錦『この人は体力があって、めちゃめちゃ動くよ』
倉『ケガするけどな。ヒゲと歩き方や。』
横『ヒゲはやしたら、人間の進化の途中や』

村『でも来るで、次だってすばる28になんねんで。』
横『来年29。再来年、広島来たら30になりました!』

村『早いで』
倉『でもアイドルも30までできるようになったんやね』

横『先輩がやってくださってるから』
倉『拡げてくださってるよね』

横『いや、おれ50でも関ジャニ∞やるよ、絶対。
来年から歳言わんとこ。叶姉妹的存在で』

村『じゃじゃ~ちょっとね。横山さん。28歳ということで』

♪Happy Birthday To You Happy Birthday To You
Happy Birthday Dear よこ Happy Birthday To You
(会場大合唱)

村『実はケーキは今日がほんちゃんです。』

ケーキにロウソクを灯し、会場を真っ暗にして
ヨコが吹き消します。

マルがなぜかヨコをサイドマウンテンと英語で。
ヨコは「オレがサイドマウンテンならお前サークルマウンテンやないか」

毎年申し訳ないと。
去年もたしか城ホでお祝いしましたよね!

~メンバーからプレゼント~
枕と京都の八味
ドラゴンボールのパズルとメンバーの色の枠。
横『このなかにはお前らの写真いれるかもしらん』

喜びを歌に・・・・
みんなむちゃぶりでリクエスト・・・・

バックテンしろだとか
他なんでもやるから歌はやめてっと。

ここでヨコが逆ギレ
横『ち○ち○出したらいい?』
村『お前、もう問題になるようなことをすんなー』
(そうです、横山さん、今時期が悪いです!)

渋『あとで出して』
倉『えーっ楽屋で出してくれるん?』
安『楽しみにしてるで』

横『ほんとうにありがとうって思ってる』
安『その気持ちを歌にして』

横『狩野えいこうじゃないんだから。
そんなんできたらもっと売れてるわ!』

渋『じゃ~オリジナル詩吟』
横『もうあかん。いや吟じるわ』

『吟じます
誕生日の日に~
広島でぇ~
幸せな気分になるぅ~

あると思います!』

会場からエロいの!っとの声に
倉『エロ詩吟はあかんやろ』

お題「∞でいて感じること」

『生まれてきてぇ~
このかた28年~
関ジャニ∞でいる時~
オレは一番の幸せと感じるぅ~
あると思います!』

なぜかポーズは春日のトゥーッス。

詩吟なのにやけに音をさげていくヨコ。
でも本当に∞が大好きなんだというのが
響いてきました。
23:31:07 | 関ジャニ∞ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
広島レポ2
2009 / 05 / 11 ( Mon )
一年のブランクを経て∞レンジャー復活

この一年なにをしていたかと言えば(モニターに映像が)
グリーン:食っちゃ寝、また食っちゃ寝、またまた食っちゃ寝を相変わらずしていた。
オレンジ:お父さん、お母さんの影響もあり、ボディビルダーを目指していた。
ブルー:綺麗になりたい願望が強いため、自分磨きに勤しんでいた。
ナス:不動産業が成功し、金にモノを言わせていた。
レッド:今の流行は相撲やで、といい・・・・・腕白相撲に出ていた。
イエロー:もっと大きい男になりたいと・・・空に羽ばたいていた。(230mバンジー映像)
ブラック:なにかをたくらんでいた。

『帰ってきた∞レンジャー
となりの芝生は何色に見える?  の巻』

ブラックが赤のツナギで登場。
「おかしい」とレッド。

“かぶってる”とブラックを責めるレッド
でも誰がレッドやってもいいやんと開きなおるブラック。

センターでかっこつけたいとブラック。
レッドのパンチでケンカスタート。

でもこんな思いは自分ではないはず、とオレンジに振るブラック。
オレンジのツナギを脱ぎ捨てイエローになりたいというオレンジ。
いつも明るくしてるのはいや、イエローみたいにかっこよくしてたい。

「おいグリーンなに笑ってるんだ、こんな思いを抱えてるのは俺達だけじゃない
グリーン本性を明かせよ」と迫られるグリーン。

「もう、いややねん。大っきいのいややねん。たまにはちっちゃくなりたい。
変わってくれや~」とグリーンのツナギを脱ぎ捨て、ブルーになる。

3人で団結するブラック・オレンジ・グリーン

怒りだすレッド&イエロー、なだめるブルー。
それぞれを新しい色で呼び始めるメタボ3人。

「なんで誰も俺になろうとせんかな?」とナス。
悪い方向に行かないことを願うナス。

ちっちゃい組3人
やたらレッドがイエローによいしょ。
イエローさんイエローさんっと。
ブルー曰く、あの3人はコンプレックスを持ってるんだと。

そして3人から「はたし状」が届く。
<ブラックの音読>
「はたし状
俺達の決意は揺るがない。
     ~ブラック緊張してきてオレンジに代わる~
今まで仲良しこよしでやってきたが、
それも今回ので終わりだ。
もはや本当(もとあたり)の・・・
本当(もととう)の・・・
~漢字だめやねん・・とグリーンに代わる~
もはや本当の自分を見つけた俺達を
誰も止めることはできない↑(イントネーションがおかしい)
誰も止めることはできない↑(言い直すもやっぱりイントネーションがおかしい)

    ~3人で~
来る明日、場所はメビウスで待っている。
どちらがその色にふさわしいかはっきりさせようじゃないか

許して欲しければ、メールしてください。

フローム
にゅー
レッド
イエロー
ブルー より」

(この果たし状、センターのモニターに直筆文が流れ
読み直すと巻き戻る)

ここから2チームの戦いが始まる。
それぞれのシマを持ち、思いの丈を歌に乗せる。

センターステージにて
ブラックがライフルを持ち出す。
そして・・・グリーンに当たるはずが・・・
(これ2部も失敗。本当は当たってパーンって言うはずだったとか)

ここからウエストサイド物語の戦いのシーンみたく
ミュージカルダンス。

グリーン「今夜は眠れそうにないな」
イエロー「のぞむところじゃー」
レッド「そっすよねぇ~」

レッドVS ブラック
イエローVS オレンジ
ブルーVS グリーン

ここで必殺仕事人登場。
♪チャララーン
グリーン、必殺の技でブルーをやっつけます。

で、ナスの一言
「グリーンだけかっこよすぎやろ、ブルーかわいそうやもんな」
「あいつらこれ以上血で血を洗う抗争にならんかったらええけど
これ以上傷つけあわんといてくれ」

太マッチョ、細マッチョのパロデイ
当然太マッチョ:ブラック、オレンジ、グリーン
細マッチョ:レッド、イエロー、ブルー
太「もうええやん」
細「なにがやんねん」
太「譲ってくれや」
細「諦めろや」
太「頼むから」
細「しつこいわ」
太「なにがやねん」
細「わかるやろ」
太「わかるけど」
細「どないやねん」
   :
   :
太「あかんかな」
細「あかんやろ」

こっからまたミュージカルっぽい戦い。
イエローがナイフを取り出す。

ナスに刺さってしまう。

どうしようと途方にくれていると
周りにパズルのピースが落ちている。

合わせてみると・・・
ブルー。オレンジ。グリーン。レッド。ブラック。ナス。
ブラック「ナス、肝心なときにいつも不細工やった。
なんであいつこんなに歯並び悪いんやろう」

気づいたらイエローのピースだけ足りない。
そこにナスが生き返る。

「ここでイエローがオレを助けてくれてる」っと
おなかの辺りからイエローのピースを。
刺さったナイフはイエローのピースがくいとめてくれていた。

出来上がったパズルはいつもの色の∞レンジャー。
ナス「このときの俺達が一番輝いてる」
ナスの魔法で3人とも元の色に!

ここでナスから始まる♪どんなに離れてたって傍にいるから♪
22:56:30 | 関ジャニ∞ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「インテリジェンス」なたっちょん
2009 / 03 / 14 ( Sat )
3年前のたっちょんに逢いに行ってきました。

DVDの山から掘り出して・・・

「劇団 演技者 インテリジェンス」
そう、たっちょんが座長だったやつ。
でもいつ見ても、????~なお話。

ちょっとホラーチックというか。
普段は見れない、たっちょんのちょっと狂気じみた感じが
なんともいい。
顔に血しぶきはなんとなくゾクってする。

そ~んなたっちょんを堪能してから「RESCUE」を
ひぃー五十嵐さん殉死(T T)
大地くんどうなる??

確か1話は・・・

来週は軒並みドラマが最終回。
どれも見逃せない。
間見てないくせに、最後だけ見てつじつま合わせ。
なんとかなるもんです。

21:40:32 | 関ジャニ∞ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やさしい世界
2009 / 03 / 12 ( Thu )
お休みをまったり過ごしています。

お出かけしようと思っていたのに・・・
お外へ出たら”くしゃみ”が止まりません!

とうとう来たぁー。
花粉症発症きゃもぉー。

なのでお家でまったりすることに。

昨日はSeventeenは諦めても
ガイドはしっかりお持ち帰りぃ~。


マルちゃんの「やさしい世界」

メンバーだから写せるカレンダー撮影の裏側?

でも本当にやさしい世界って題がぴったりの
ほのぼのしたメンバーの表情。

100枚以上あるならもっともっと見せてほしいぃ。

そして「むっちゃ好きやねん」は
たっちょん⇒亮ちゃん。

たっちょん、亮ちゃんのファンってうなづける。
∞レンジャーやくらりあるでは、亮ちゃんのドラマの
広報係りやもんね!
亮ちゃんからいろいろ影響受けてるようだし
ぜ~ったい亮ちゃん大好きだよね、たっちょん。

どっちが甘えてるのか良く分からない2人の関係ですが
そんな2人を見てるの好きです。


そして昨日はKAT-TUNの「RESCUE」も発売。
初回限定だけ買っちゃいました。
PVみてびっくり。
ポップジャムで光一くんのバックやって以来じゃないかって
いうくらい真剣に(失礼)踊ってます。

このビデオクリップは必見かも。
仁の歌声&ダンスに脱帽です。

仁とたっちょんで一緒に歌って欲しいな~

仁&手越、すば&手越も
You&J各ユニット歌姫での夢のコラボ!!
すば&仁は思わずカウコンで実現したからな~。
13:33:54 | 関ジャニ∞ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お主も悪よのぉ・・・・
2009 / 03 / 07 ( Sat )
昨日はカレンダーも到着してたし、ドル誌も買って・・・

しかし、目がギブアップ状態。
(ちょっとお仕事頑張りすぎて)

ドル誌をパラパラ
カレンダーもパラパラ

でもでもカレンダー取り出して笑った。

お主も

さらに取り出して
Image098.jpg

菓子折りの底に、小判・・・

「越後屋、お主も悪よのぉ」
っと悪代官が言ってんのが目に浮かぶ。


そしてドル誌。
最近読んだ本
亮ちゃんもたっちょんも「告白」
どっちが先に読んで薦めた?

亮ちゃんが先だろうな~
っでたっちょんにも
「読んでみろよ」って感じかな?

しっかし今回のドル誌。
たっちょん、どれもビジュばっちし!
19:37:13 | 関ジャニ∞ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。